美白効果のある製品やクリニックの最新機器を上手に利用しよう

乳液と化粧水

女性

「美白」というワードには白くて美しい肌を連想させる響きがあるのではないでしょうか。化粧品販売メーカーが謳う美白には、もう少し具体的な意味が込められています。それは、メラニンの生成を抑えることで肌を美しく保つというものです。メラニンを抑えると、肌に発生するシミやそばかすを防ぐことができます。シミやそばかすを防ぐことで美しい肌を保とうというのが、化粧品メーカーの言う美白なのです。化粧品メーカーは、美白を保つために様々な化粧水や乳液を製造しています。それらの製品に含まれている成分は、どれも美白にとって効果的です。

化粧水や乳液に含まれる成分にはどのようなものがあるか確認してみましょう。特に多く用いられるのは、美白成分として有効なアルブチンという成分です。この成分をビタミンCと組み合わせることで、美白へ相乗効果をもたらします。こういった化粧水や乳液にはヒアルロン酸やトレハロースが含まれていることもあります。ダブルの美白効果を持つという点で多くの方に愛用されています。また、肌荒れ防止成分として有効なグリチルリチン酸ジカリウムを含んだ化粧水や乳液も存在します。美白とともに肌荒れを明確に防いでくれるような製品なのです。こういった製品にはヒアルロン酸やトレハロースの他に油溶性甘草エキスが含まれていることもあります。これらの化粧水はさっぱりしていることが多いですが、しっとりしたタイプの製品も用意されています。ご自身の好みに合わせて製品選びができるようになっているのです。

化粧水や乳液の他に、美白クリームという製品も登場しています。美白クリームにもアルブチンが含まれており、高い美白効果を発揮するようになっています。この製品の特徴として、肌のべたつきを抑えるというものがあります。美白クリームは、基本的に化粧水の後に用いるという使い方になります。化粧水とセットで使用することにより、高い美白効果が期待できるのです。一方で、当日の肌の状態を見定めたうえで使用することが求められます。具体的には、肌が乾燥した際には使用量を抑えるといったようなものです。これらの製品は美容クリニックで処方されることもあります。詳細な使用方法はクリニックの担当医に確認してみるのも良いでしょう。